左門町クリニックの花粉症調査研究施設「オハイオ チェインバー」は世界最高レベルの性能を有しています

〒160-0017
東京都新宿区左門町20番地
四谷メディカルビル6階
TEL. 03-5366-3641 FAX. 03-5366-3650

オハイオ チェインバー

主な掲載論文・学会発表

主な掲載論文

2017年5月現在

No. 論文名 著者 雑誌名
J - 1 Preliminary Study on Japanese Cedar Pollinosis in an Artificial Exposure Chamber (OHIO Chamber) K Hashiguchi, H Tang, T Fujita, S Tsubaki, M Fujita, K Suematsu, M Gotoh, K Okubo Allergology International, 2007;56:125-130.
J - 2 花粉症調査研究施設の開発 湯 懐鵬、藤田 俊雄、穴井 俊博、瀬田 晃広、山田 真知子、前田 幸俊、末松 潔親 建築設備士, 2007;7:36-44.
J - 3 ベシル酸ベポタスチンOD錠によるスギ花粉症の症状抑制効果-Artificial exposure Chamber (OHIO) Trial, Inhibitory effect of bepotastine-OD for Nasal allergy (ACTION study)- 橋口 一弘、後藤 穣、大久保 公裕 新薬と臨床, J. New Rem. & Clin.2007;56(7):1991-2000.
J - 4 Pilot study of Japanese cedar pollen exposure using a novel artificial exposure chamber (OHIO Chamber) K Hashiguchi, H Tang, T Fujita, K Suematsu, S Tsubaki, H Nagakura, S Kitajima, M Gotoh, K Okubo Clinical and Experimental Allergy Reviews, 2008;8:30-36.
J - 5 Validation Study of the OHIO Chamber in Patients with Japanese Cedar Pollinosis K Hashiguchi, H Tang, T Fujita, K Suematsu, S Tsubaki, H Nagakura, S Kitajima, M Gotoh, K Okubo Int Arch Allergy Immunol, 2009;149:141-149.
J - 6 Bepotastine besilate OD tablets suppress nasal symptoms caused by Japanese cedar pollen exposure in an artificial exposure chamber (OHIO Chamber) K Hashiguchi, H Tang, T Fujita, K Suematsu, M Gotoh, K Okubo Expert Opin Pharmacother, 2009;10(4):523-529
J - 7 抗原曝露室での臨床研究 橋口 一弘 アレルギーの臨床30(3), 2010 (207)17-(212)22
J - 8 抗原曝露室「OHIO Chamber」およびその最新技術 湯 懐鵬、藤田 俊雄、末松 潔親 アレルギーの臨床30(3), 2010 (249)59-(253)63
J - 9 花粉曝露室(OHIO Chamber)での花粉曝露前後の肺機能の変化についての検討 橋口 一弘、末松 潔親、増山 敬祐、遠藤 周一郎、後藤 穣、大久保 公裕 日本鼻科学会会誌 Vol.49 (2):127~131, 2010
J - 10

OHIO Chamberにおけるスギ・ヒノキ科花粉連続曝露に対するベポタスチンベシル酸塩OD錠の効果
-Artificial Exposure Chamber (OHIO) Trial Inhibitory Effect of Bepotastine-OD for Nasal Allergy Ⅱ (ACTION Ⅱ study)-

神崎 晶、橋口 一弘、若林 健一郎、藤岡 正人、末松 潔親、大久保 公裕 新薬と臨牀 J. New Rem. & Clin. Vol.60 No.11 2011:30(2216)~43(2229)
J - 11 Pranlukast dry syrup inhibits symptoms of Japanese cedar pollinosis in children using OHIO Chamber Wakabayashi, Ken-ichiro; Hashiguchi, Kazuhiro; Kanzaki, Sho; Fujioka, Masato; Tanaka, Nobuaki; Kawashima, Kayoko; Suematsu, Kiyochika; Yamamotoya, Hajime; Iwasaki, Manabu; Gotoh, Minoru; Horibe, Seiji; Naito, Kensei; Okubo, Kimihiro Allergy and Asthma Proceedings, 2012;33(1):102-109.
J - 12 OHIO Chamberにおける小児スギ花粉症患者の評価可能性の検討 橋口一弘、若林健一郎、神﨑晶、末松潔親、後藤穣、大久保公裕 耳鼻免疫アレルギー(JJIAO) 30(2):85-86,2012
J - 13 The assessment of the optimal duration of early intervention with montelukast in the treatment of Japanese cedar pollinosis symptoms induced in an artificial exposure chamber Kazuhiro Hashiguchi, Kimihiro Okubo, Ken-ichiro Wakabayashi, Nobuaki Tanaka, Yukiko Watada, Kiyochika Suematsu, Minoru Gotoh Journal of Drug Assessment 2012,Vol.1:40–47.
J - 14 Trial of pranlukast inhibitory effect for cedar exposure using an OHIO chamber Shuichiro Endo, Minoru Gotoh, Kimihiro Okubo, Kazuhiro Hashiguchi, Hidenori Suzuki, Keisuke Masuyama Journal of Drug Assessment 2012,Vol.1:48–54.
J - 15 Efficacy of fluticasone furoate nasal spray and levocetirizine in patients with Japanese cedar pollinosis subjected to an artificial exposure chamber Kazuhiro Hashiguchi, Sho Kanzaki, Ken-ichiro Wakabayashi, Nobuaki Tanaka,Kayoko Kawashima, Kiyochika Suematsu, Shoji Tokunaga, Kaoru Ogawa,Kimihiro Okubo  Journal of Drug Assessment 2013,Vol.2(0):94-105.
J - 16 OHIO Chamberにおけるスギ花粉曝露により発現した各種症状に対するベポタスチンベシル酸塩OD錠の効果 神崎 晶、橋口 一弘、武士 仁彦、鶴見 雅彦、大久保 公裕、小川 郁 新薬と臨牀 J. New Rem. & Clin. Vol.61 No.11 2012:24(2208)~32(2216)
J - 17 抗原曝露室での薬剤効果判定の問題点 橋口一弘

 アレルギー・免疫 19(11),1701-1706, 2012-11

J - 18 花粉曝露室を使った花粉症研究 (特集 アレルギー性鼻炎の研究 アップデート) 橋口一弘

 アレルギー・免疫 20(5),744-752, 2013-05

J - 19 曝露室研究からわかったこと (特集 スギ・ヒノキ花粉症) 橋口一弘

 アレルギー・免疫 21(1),86-92, 2014-01 

J - 20 Placebo-controlled study with OHIO chamber of prophylactic pranlukast for children with Japanese cedar pollinosis: TOPIC-J III study. Hosoya K,Masuno S,Hashiguchi K,Okubo K Journal of Drug Assessment 2014,Vol.3(1):51-59.
J - 21 初期療法の検証 - 曝露室を中心に - 橋口一弘 Progress in Medicine 34(10)1687-1692 2014
J - 22 日本人スギ花粉症患者におけるフェキソフェナジン塩酸塩/塩酸プソイドエフェドリン配合錠の有効性の検討 : OHIO Chamber施設を利用した花粉曝露試験 橋口一弘、濱田はつみ、奥泉薫、鈴木勝久、大久保公裕

 アレルギー・免疫 22(1),126-138.2015-01

J - 23 Histamine antagonist Bepotastine suppresses nasal symptoms caused by Japanese cedar and cypress pollen exposure. Kanzaki S,Hashiguchi K,Wakabayashi K,Suematsu K,Okubo K Journal of Drug Assessment 2016,Vol.5(1):15-23.
J - 24 新しい薬剤の作用メカニズムと効果・安全性 - デスロラタジン, ビラスチン - 橋口一弘 Progress in Medicine 36(11)1505-1510,2016
J - 25 新しい抗ヒスタミン薬に関する研究 (特集 花粉症研究の進歩) 橋口一弘

 アレルギー・免疫 24(3),320-326, 2017-03

J - 26 Therapeutic effect of bilastine in Japanese cedar pollinosis using an artificial exposure chamber (OHIO Chamber)

KazuhiroHashiguchi,

Ken-ichiroWakabayashi,

MichinoriTogawa,

AkihiroSaito,

KimihiroOkubo

Allergology International, Vol.66, Issue1,123-131,2016

別刷り等の資料請求は、お問い合わせフォームよりご依頼下さい。

主な学会発表

2017年5月現在

No. 演題名 演者 学会名 発表年月
C - 1 花粉症調査研究施設(OHIO  Chamber)を使用した花粉症発現に関する探索的検討 橋口 一弘、大久保 公裕、湯 懐鵬、藤田 俊雄、椿 茂和、藤田 雅巳、越野 健、末松 潔親 第18回日本アレルギー学会春季臨床大会 2006年5月
C - 2 スギ花粉を用いた曝露システムの開発 湯 懐鵬、藤田 俊雄、奥田 稔、石川 哮、橋口 一弘、大久保 公裕、波部 和弘 第18回日本アレルギー学会春季臨床大会 2006年5月
C - 3 Preliminary study on Japanese cedar pollinosis in a pollen inhalation unit (OHIO Chamber) Hashiguchi, K; Tang, H; Fujita, T; Tsubaki, S; Fujita, M; Koshino, T; Suematsu, K; Okubo, K 第25回欧州アレルギー臨床免疫学会(EAACI) 2006年6月
C - 4 Development of an Exposure Chamber System Using Cedar Pollen Tang, H; Fujita, T; Habe, K; Okubo, K; Hashiguchi, K; Ishikawa, T; Okuda, M 第25回欧州アレルギー臨床免疫学会(EAACI) 2006年6月
C - 5 OHIO Chamberのvalidation試験
―花粉曝露数の違いによる症状発現について―
橋口 一弘、藤田 俊雄、末松 潔親、大久保 公裕  第19回日本アレルギー学会春季臨床大会 2007年6月
C - 6 OHIO Chamberのエアーシャワーの効果
-試験着に付着したスギ花粉数の検討から-
清水 聡子、橋口 一弘、松田 京子、湯 懐鵬、前田 幸俊、大久保 公裕 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会 2007年6月
C - 7 スギ花粉の粒径分布・粒子密度・沈降速度および濃度測定法
-OHIO Chamberのための基礎検討-
湯 懐鵬、藤田 俊雄、瀬田 晃広、福井 雅英、山田 真知子、末松 潔親、橋口 一弘、大久保 公裕 第19回日本アレルギー学会春季臨床大会 2007年6月
C - 8 OHIO Chamberのvalidation試験
―冬期におけるスギ花粉曝露試験による症状の発現について―
橋口 一弘、湯 懐鵬、末松 潔親、大久保 公裕  第46回日本鼻科学会総会 2007年9月
C - 9 花粉症調査研究施設(OHIO  Chamber)の妥当性評価とOHIO Chamberを利用した抗ヒスタミン薬の薬効評価 橋口 一弘、藤田 俊雄、末松 潔親、大久保 公裕  第57回日本アレルギー学会秋季学術大会 2007年11月
C - 10 ヒノキ花粉を用いた曝露試験について
-基礎検討およびOHIO Chamberにおける予備試験結果-
湯 懐鵬、藤田 俊雄、瀬田 晃広、山田 真知子、末松 潔親、橋口 一弘、大久保 公裕 第57回日本アレルギー学会秋季学術大会 2007年11月
C - 11 Validation studies of the OHIO  Chamber in patients with Japanese cedar pollen Hashiguchi, K; Tang, H; Suematsu, K; Tsubaki, S; Gotoh M; Okubo, K 第27回欧州アレルギー臨床免疫学会(EAACI) 2008年6月
C - 12 Inhibition of the Nasal Reaction by Second-generation Antihistamines in Patients with Japanese Cypress Pollinosis in an artificial pollen exposure chamber (OHIO Chamber) Okubo, K; Gotoh M; Hashiguchi, K 第27回欧州アレルギー臨床免疫学会(EAACI) 2008年6月
C - 13 OHIO Chamberでのヒノキ花粉曝露による症状発現の検討 橋口 一弘、湯 懐鵬、末松 潔親、後藤 穣、大久保 公裕、遠藤 周一郎、高橋 吾郎、松岡 伴和、増山 敬祐 第20回日本アレルギー学会春季臨床大会 2008年6月
C - 14 花粉曝露室の現状と問題点
-OHIO Chamberのこれまでの結果をふまえて-
橋口 一弘、湯 懐鵬、末松 潔親、後藤 穣、大久保 公裕  第47回日本鼻科学会総会 2008年9月
C - 15 OHIO Chamberでのスギ花粉曝露による季節性アレルギー性結膜炎患者における眼症状発現に関する検討 高村 悦子、海老原 伸行、岡本 茂樹、福島 敦樹、藤島 浩、末松 潔親、大久保 公裕、橋口 一弘 第58回日本アレルギー学会秋季学術大会 2008年11月
C - 16 花粉曝露室(OHIO Chamber)での背景因子の違いによる症状発現の差についての検討 橋口 一弘、末松 潔親、湯 懐鵬、後藤 穣、大久保 公裕 第21回日本アレルギー学会春季臨床大会 2009年6月
C - 17 花粉曝露室(OHIO Chamber)での花粉曝露前後の肺機能の変化について 橋口 一弘、末松 潔親、増山 敬祐、遠藤 周一郎、後藤 穣、大久保 公裕 第48回日本鼻科学会 2009年10月
C - 18

ワークショップ:花粉曝露室の実際「花粉曝露室の現状とこれから」

橋口 一弘、大久保 公裕 第22回日本アレルギー学会春季臨床大会 2010年5月
C - 19 アレルギー性鼻炎患者における誘発試験の症状発現頻度について 山田 百合、清水 聡子、広田 沙織、河野 美晴、佐々木 功一、末松 潔親、後藤 穣、大久保 公裕、武士 仁彦、椿 茂和、橋口 一弘 第31回日本臨床薬理学会年会 2010年12月
C - 20 シンポジウムⅢ 花粉曝露実験室研究の歴史、現状、問題点 -何がどこまで判ったか?- 花粉曝露室の歴史とvalidation study 橋口 一弘 第42回日本職業・環境アレルギー学会総会・学術大会 2011年6月
C - 21 スギ/ヒノキ花粉症患者における花粉曝露室での鼻症状発現率とハウスダスト/ダニ抗原のIgE抗体価との関係について 田村 美智代、山田 百合、清水 聡子、広田 沙織、栗原 紀子、武士 仁彦、大久保 公裕、橋口 一弘 第32回日本臨床薬理学会年会 2011年12月
C - 22 OHIO Chamberにおけるスギ・ヒノキ科花粉連続曝露に対するベポタスチンベシル酸塩の効果 神崎 晶、橋口 一弘、若林 健一郎、藤岡 正人、末松 潔親、大久保 公裕 第50回日本鼻科学会総会 2011年12月
C - 23 OHIO Chamberにおける小児スギ花粉症患者の評価可能性の検討 橋口 一弘、若林 健一郎、神﨑 晶、末松 潔親、後藤 穣、大久保 公裕 第30回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 2012年2月
C - 24 Development of an artificial exposure chamber (OHIO Chamber) and its current state in Japan. Hashiguchi,K IPC XIII/IOPC IX 2012 2012年8月
C - 25 Pranlukast dry syrup inhibits symptoms of Japanese cedar pollinosis in children using OHIO Chamber Okubo,K; Wakabayashi,K; Hashiguchi,K 17 th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology 2012年12月
C - 26 OHIO Chamberを用いたフルチカゾンフランカルボン酸点鼻剤とレボセチリジン錠のスギ花粉症状に対する併用効果の検討 橋口 一弘、若林 健一郎、神崎 晶、末松 潔親、大久保 公裕 第31回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 2013年2月
C - 27 抗原曝露室における臨床研究 橋口 一弘 第25回日本アレルギー学会春季臨床大会 2013年5月
C - 28 Protective efficacy of pranlukast dry syrup, a leukotriene receptor antagonist, against Japanese cedar pollinosis in children. K.Hosoya, K.Okubo, K.Hashiguchi, S.Masuno EAACI and WAO congress 2013 2013年6月
C - 29 Artificial exposure chamber for development of unmet needs of allergic rhinitis in Japan. K.Okubo 16th Asian Research Symposium in Rhinology 2013年8月
C - 30 花粉曝露室(OHIOチェンバー)を用いたプランルカストのスギ花粉症に対する成人と小児の有効性比較 橋口 一弘、末松 潔親,大久保 公裕、若林 健一郎 第63回日本アレルギー学会秋季大会 2013年11月
C - 31 花粉曝露室におけるプライミング曝露の影響と連日曝露での症状発現に関するバリデーション試験 若林 健一郎、橋口 一弘、川島 佳代子、末松 潔親、大久保 公裕 第63回日本アレルギー学会秋季大会 2013年11月
C - 32 花粉曝露室(OHIO Chamber)におけるスギ花粉症臨床試験でのプラセボ効果について 山田百合,清水聡子,乙訓知代,富田恭久,鶴見雅彦,鶴谷佳加,齋藤晶洋,土河三千紀,濱田はつみ,大久保公裕,橋口一弘 第35回 日本臨床薬理学会学術総会 2014年12月
C - 33 Efficacy of bilastine in Japanese cedar pollinosis: results of a randomized, double-blind, 4-way crossover, placebo-controlled, phase II study using an artificial exposure chamber (OHIO Chamber) Okubo K, Togawa M, Honda T, Hashiguchi K. 第35回 欧州アレルギー臨床免疫学会(EAACI)  2016年6月