左門町クリニックの花粉症調査研究施設「オハイオ チェインバー」は世界最高レベルの性能を有しています

〒160-0017
東京都新宿区左門町20番地
四谷メディカルビル6階
TEL. 03-5366-3641 FAX. 03-5366-3650

オハイオ チェインバー

花粉症調査研究施設 オハイオチェインバーとは

花粉症患者の治療を向上させるために

スギ花粉イメージ

現在、日本人の約20%が罹患し、その患者数が年々増加傾向にある花粉症。

発症年齢の低下や、花粉シーズン中の作業効率の低下による経済損失の大きさが問題となっています。

そこで、花粉症治療薬は勿論、患者さんのQOLを向上させる花粉対策用品、衛生材料などが注目されています。

しかし、花粉症領域での医薬品の臨床試験や花粉対策用品の機能評価試験は時期や天候が限られ、一定の条件下で再現性のある試験を行うことは困難でした。


OHIOチェインバー

そこで、東京臨床薬理研究所は、東京都内に最新式の花粉症調査研究施設「OHIOチェインバー」を左門町クリニック内に開設しました。

「オハイオ チェインバー」は、スギやヒノキの花粉を室内に均一に拡散でき花粉濃度の均一性をモニタリングしながら、花粉症に関する医薬品や食品の有効性と安全性を確認する為の試験や、花粉症マスクや空気清浄機・掃除機などの機能評価試験などを、天候や季節に関係なくいつでも客観的に実施できる施設で、その設備は世界最高レベルの性能を有しています。 

Chamberは2005年時点で、世界でオーストリア(ウィーン)、ドイツ(ハノーファー)、カナダ(オンタリオ)など海外で7ヶ所に設置されており、日本でも2005年に和歌山と大阪に、2008年には千葉に設立されています。

海外では、Environmental Exposure Unit(EEU)とか、Allergen Challenge Chamber(ACC)といった名称で呼ばれており、抗原の供給方法やChamberの大きさなどは施設によって異なっています。